妊娠中に気を付けたいこと記事一覧

便秘によってガス腹になったり、ムカッとしたり、屁が出ることもあります。さらに便秘とつわりの二つがもっと食欲を失わせるかもしれません。もっと言うと、便秘からの痔ということも珍しくないですから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。便秘を避けるには、トイレに行きたいのに無理しないことです。定時にトイレに座るよう習慣化しておくといいようです。葉酸については生命活動を保つ点で決して外してはならないものですが、...

妊婦の多くは便秘気味になります。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで腸の運動が弱まってしまうのと、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、運動が制限されていくためにどうしてもスッキリできないのです。親になることの心配をしてしまうなど精神面の状態も関係しています。体を動かす時間が減っていくこともスッキリできない理由かもしれません。胎児の骨格の形作られること、筋肉であったり、神経のコーディネートを行う...

女性は必ず生理を経験するため、お腹に赤ちゃんがいなくても、貧血が高い割合で存在します。妊婦に限ると、貧血の診断が10人中3,4人にもなります。妊娠していると、胎児は自らの血液を生成するのに母親から鉄分を吸収しようとします。妊婦自身の鉄分は欠乏状態に陥ります。これによる症状が鉄欠乏性貧血です。妊娠期の28週から31週の間に多いようです。妊娠すると身体の代謝がそれ以前よりずっと活発なので、水分摂取を欠...

最近何かと話題の成分であるDHA・EPAは妊活をしているときからも妊娠してからもより多く取っておく必要のある栄養分なのです。DHAを妊娠する以前からよく摂取していた人は、ほとんど摂取がなかった人に比べて、早産に至る確率が激減するというデータがあります。さらにDHAはママの胎盤からお腹の赤ちゃんにも取り込まれますが、脳神経の発育を支えるための働きをする重要な成分です。葉酸という栄養素は羊水の中の赤ち...

赤ちゃんがお腹にいるからといって普段の食事とは違うものを摂らなければいけないということではありません。インスタント食品や外で食事を済ませたりせずに無添加で生産過程も安全性の確認できる食品でつくるお手製の料理を楽しむようにしましょう。そうはいうものの調理する気力のないときはあると思います。その際は市販の調理した食品も上手く活用して負担の少ない食生活にしましょう。でも、平常時の食物よりさらにカルシウム...

胎児の骨格の形成、筋肉であったり、神経のコーディネートを行うのが、小魚にもたっぷりと含まれているカルシウムなのです。妊娠が明確になったら努力して普段よりもずっと多くのカルシウムを補給するように心がけてください。妊娠すると以前の160%のカルシウムが適切な摂取基準となっています。ただし、つわりによる吐き気などで食欲もないのに無理して摂る必要はありません。妊娠がわかったからといって普段の食事とは違うも...

妊娠するとよく便秘になります。増加する黄体ホルモンの働きで大腸の蠕動運動が弛緩するのと、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、運動が制限されていくためだとされています。妊娠からくるプレッシャーなど精神面の状態も関係しています。動く機会が減ることも便秘を招く要因になります。吐き気がおさまらないようなときは、脱水傾向に陥りやすくなります。水を気がけて飲むようにしてください。多く飲むのが難しいなら、少し...

妊娠悪阻は目が覚めたばかりの胃に何もない時に具合が悪くなるケースがあります。ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、起きる際に軽く食しておくとムカムカしなくなります。日中も腹減りが続くのに注意して軽食を合間に摂るようにするといいようです。そしてフライや刺身は食べられなくても冷んやりしたものや酸っぱい食物は意外に食欲が湧くようです。便秘では腹痛を感じたり、ムカついたり、ガスがいつも...

妊婦さんは便秘しやすい傾向があります。盛んに放出される黄体ホルモンによって腸の動きが緩慢になることや、でかくなっていく子宮により腸が押しやられ、運動が制限されていくためにそうなりやすいそうです。妊娠した喜びの反面の不安などメンタル面の不安定さが引き起こしていることもあります。運動をしなくなりがちなのもスッキリできない理由かもしれません。妊娠中のママとベビーに不可欠なため小まめに摂っておきたいオメガ...

母体の心臓は貧血になると負荷がかかり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。すぐに疲労を感じ、だるくなったり、顔色がすぐれないのを指摘されたりするでしょう。母親の貧血があっても直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。でも、貧血を改善しないまま長く時間がたつと、胎児の健康な生育に悪影響が及ぶかもしれません。それに母体の体...