メンタル面の不安定さが引き起こしていることも

母体の心臓は貧血になると負荷がかかり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。すぐに疲労を感じ、だるくなったり、顔色がすぐれないのを指摘されたりするでしょう。母親の貧血があっても直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。でも、貧血を改善しないまま長く時間がたつと、胎児の健康な生育に悪影響が及ぶかもしれません。それに母体の体調も深刻になることがあります。身ごもったからといって高級なものを使った料理を摂取しなければならないということではありません。インスタント食品や外で食事を済ませたりせずに人工的な添加物がなるだけ少ない食材でつくる自炊の食事を増やしましょう。それでも、いつもいつも自炊するのはキツイ時もあります。そうであれば近くのスーパーの惣菜なども取り入れて負担の少ない食生活にしましょう。しかし、普段よりもビタミンやミネラルなどの栄養素を十分に摂取するようにしましょう。赤ちゃんができるとカラダの代謝は前より格段に大きくなるため、水分摂取を欠かさないようにしなくてはなりません。適切に水分を摂ることで脱水状態を防げますし、血液が粘っこくならないようにし、血流の改善にも役立ちます。またカラダの新陳代謝もアップして本来体がもつ老廃物の排出も促されるので、妊婦さんの体調管理の上で十分に水分を摂ることが欠かせません。オメガ3脂肪酸のDHAとEPAは妊娠の前や妊娠期により多く取っておく必要のある栄養分なのです。赤ちゃんができる前からDHAの摂取が多かった妊婦は、そうでなかった妊婦と比べて、早産で生まれる可能性が大幅に低いのです。さらにはDHAは母親が経口摂取した後に胎児にも入っていきますが、胎児の脳・神経の成長をバックアップする役割があるなくてはならない栄養素です。便秘によってガス腹になったり、嘔吐しそうになったり、お尻からガスがよく出たりします。中でもつわりと便秘が重なると食欲も一層出ません。そして、便秘が繰り返すと痔の原因ともありますから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。便秘対策としては、便意が起きたらトイレに行くことです。定時にトイレに座るような習慣づくりが役立ちます。妊婦さんは便秘に悩むことが多いものです。分泌の増していくプロゲステロンという女性ホルモンにより大腸の蠕動運動が弛緩するのと、でかくなっていく子宮により腸が押しやられ、動きにくくなっていくために起きるようです。親になることの心配をしてしまうなどメンタル面の不安定さが引き起こしていることもあります。体を動かす時間が減っていくことも便秘を招く要因になります。つわりで食欲などわかないなら、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、スルッと食べられそうな食品を食欲があるときに食事しましょう。同居者もつわりのひどいマタママの近くでは、食べる物に注意して具合の悪くなるものは避けるようにしましょう。そしてどういうことか、自らの手作り料理より他人が調理したもののほうが食欲が刺激されてはいります。夢中で何かをやっていると、つわりの苦しさもいくらかやわらぎます。働いているなら、働いているときは症状を緩和できます。あるいは好きなことに考えたり、友達と気軽に話すと、きつさも感じにくくなります。外出することは気持ちの切り替えに役立ちます。人混みが少ない場所で平穏に過ごすと落ち着きます。