DHAはママの胎盤からお腹の赤ちゃんにも

最近何かと話題の成分であるDHA・EPAは妊活をしているときからも妊娠してからもより多く取っておく必要のある栄養分なのです。DHAを妊娠する以前からよく摂取していた人は、ほとんど摂取がなかった人に比べて、早産に至る確率が激減するというデータがあります。さらにDHAはママの胎盤からお腹の赤ちゃんにも取り込まれますが、脳神経の発育を支えるための働きをする重要な成分です。葉酸という栄養素は羊水の中の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返すのに欠かすことのできない栄養素です。これが十分でないと細胞分裂もおかしくなり、生まれもっての不自由や場合によっては亡くなることさえありますから、しっかりと葉酸を含むものを摂取しておく必要があるのです。葉酸を確実に摂取していくために食事メニューで意識したり、サプリメントで摂る方法もあります。いつも気軽に摂取することが可能で継続しやすいという点ではサプリメントがおすすめです。何度ももどすときは、脱水症状がみられるかもしれません。水分の補給を忘れないでください。ごくごく飲むのが無理なら、少しずつでも補給してください。さわやかに飲めるレモン系の味のドリンクならスッと入ると思います。身ごもった際は平常より1時間は睡眠時間を増やしてください。昼間にいくらか寝ておくのもおすすめです。妊婦は基礎的な代謝自体がそれ以前よりずっと活発なので、水分補給をよく行わなくてはなりません。小まめに水分を摂ることで体内水分不足のリスクを回避できますし、血液の粘りが少なくなり、血行の流れが良好になります。そして全身の代謝レベルが高くなっていきカラダ本来のデトックス作用も進むなど妊婦の体調面で十分に水分を摂ることが欠かせません。つわりは起きたばかりの空腹により体調が悪化することがよくあります。ベッドの近くにお菓子など軽く食べるものを用意しておき、起きる際に軽く食しておくとムカつく状態もいくらかなくなります。日中も腹減りが続くのに注意して随時何か食べることをおすすめします。さらに揚げ物やナマモノは無理でもクールなフードやすっぱいフードはすんなり食べられることもあります。生理のある女性については、妊婦でなくとも、貧血はとても多くみられます。妊娠中に限定すると、貧血と判断される割合は3〜4割にもなります。妊婦についてはお腹の赤ちゃんが自分で血液をつくるのにママの体から鉄分を盛んに摂取します。そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。これを鉄欠乏性貧血と言います。妊娠の後半で起きやすくなります。便秘でポッコリお腹になったり、吐き気を感じたり、お尻からガスがよく出たりします。それに便秘だけでなく、悪阻も起きると何も食べれなくなります。もっと言うと、便秘からの痔ということも珍しくないですから、スッキリとした便通を目指しましょう。便秘を減らすためには、便意を無理に抑えようとしないことが大切です。毎日時間を決めておいてとにかく便器に座るよう習慣化しておくといいようです。身重の体だとしても高級なものを使った料理を摂取しなければならないということではありません。即席やスーパーでの既製品に頼らず無添加で生産過程も安全性の確認できる食品でつくる手作り料理をたべましょう。でも、時々食事を作る元気のない時はあることと思います。そういう時は惣菜コーナーも上手に使ってキツすぎない食習慣にしたほうが続けやすいです。しかし、普段よりもビタミンやミネラルなどの栄養素を十分に摂取するようにしましょう。